Shohei Ohtaniで英語

今日は初めて、ホームランダービーをみました。大谷選手関連の英語教材を集めました


How Shohei Ohtani Visualized His Baseball Success

少し古いですが、大谷選手の目標シートWSJでも取り上げていました。すごいですね・・(WSJ有料なので1回目だけみれます💦)

https://www.wsj.com/articles/how-shohei-ohtani-visualized-his-baseball-success-1536680077?reflink=desktopwebshare_permalink

こちらは本日の記事

インタビュー:

ゆっくり話してくれていますね。(通訳さんの英語が一番聞きとり難しいかも・・)

発音練習:

7th Inning Stretchで「Take me out to the ball game」一緒に歌いましょう~。
この歌は、発音鍛えられます。短いので筋トレにオススメ。root, root, root

ディベート:

ディベートに面白そうなトピックですね!正解はありません。自分の意見を言える練習をしましょう~。先生に負けないで、積極的に意見を述べましょう。critical thinkingを鍛えましょう~。(グループレッスンで使う予定)

Stephen A. Smith on Shohei Ohtani: ‘Don’t think it helps that the No. 1 face is a dude that needs an interpreter’


2年前のロンドン大学のレポート課題はMLBのデータ分析(Sabermetric Analysis)とInfomation Systemの提案でした。MLB全く知らないので、Moneyball(ブラピの映画)をみて予習しました。昨日、気になってそのレポートを開いてみたら、Trout選手の名前がありました。大谷選手がホームランダービー中に電話してた人ですね。今年の課題だったら大谷選手が出てきておもしろかったのになぁ・・

成績は70点くらい